MINI クラブマンの記録

BM mini クラブマン R55(第2世代)の記録です。

BM MINI クラブマン R55 紹介

みなさん、こんにちは。みふーです😊

 

今日は、私の愛車のクラブマンについてご紹介したいと思います。

 

私のクラブマンは、年式2010年の走行距離45,000kmとなります。

現在、第3世代まで販売されてますが、私のクラブマンは第2世代になります。

 

グレードはクーパーSになるため、ターボー付きです。

f:id:katsuhiro5656:20201116124212j:plain

クラブマン

 

現在、mini 第2世代は中古市場では大体ですが100万円程度で購入が可能です。

 

ただ、やはり輸入車は日本車と比べると維持費が掛かります。

それでも、minに乗り続けるのはminiの良さがあるからです。

 

ドイツ車であるminiの特徴を紹介していきます。

 

■維持費の違いについて

輸入車は、日本車と比べると維持費が掛かります。

 

miniの場合は、交換部品がドイツ製となるため、それぞれのパーツが割高となっております。

消耗部品に関しても、ほぼドイツ製で日本社の部品に比べるととても割高です。

また、ドイツ車は電子化が進んでおり、電装関係の不具合が非常に多いです。

そのため、修理費がとにかく掛かります。

あと、ドイツ車はほぼハイオクになるため、ガソリン代も掛かります。

 

■電子化が進みハイテクなmini

miniは、様々なセンサーなどが取付けられ電子化が進んでます。

様々な不具合を事前にお知らせしてくれます。

 

例えば、

 

・オイル交換のお知らせ

 車の走行状況に応じて適切なオイル交換の時期を事前にお知らせしてくれます。

 

・パンクのお知らせ

 パンクに関しても、事前にお知らせしてくれます。

 こちらも、走行状況に応じて計算され、事前にお知らせしてくれます。

 

・ブレーキパッド交換時期のお知らせ

 ブレーキパッドにセンサーが取付けられており、消耗が進むとお知らせしてくれます。

 

他にも様々な事を事前にお知らせしてくれます。

 

■カスタムパーツが豊富

 miniのパーツは、とにかく豊富です。様々なカスタムが可能です。

なので、個性を出す事ができるため、miniを支持する方は非常に多いです。

カスタムの幅が非常に広いため、世界に1台だけのminiにカスタムする事が

出来ます。

 

私も今後は、miniを少しずつカスタムしていこうと思います。

 

■走りに関しても申し分なし

miniは、よく造り込まれているため走りも非常に良いです。

一度乗ると、他の車が乗れなくなります。

それぐらい、足廻りも強化されているため、走りに関しても申し分ありません。

 

クーパーSに関しては、ターボー付きのため、加速も最高です。

 

踏み込めば、踏み込んだけ最高の走りを見せてくれます。

 

そんなminiを今後も紹介していきます。