MINI クラブマンの記録

BM mini クラブマン R55(第2世代)の記録です。

夢の吊り橋 寸又峡

どうも、みふーです。

 

今回は、夢の吊り橋 寸又峡に行ってきました。

 

横浜から、3時間で行ける寸又峡は、国内の1度は行ってみたい観光名所ランキングに入る程の人気の観光スポットです。

 

寸又峡は、温泉も有名なので泊まりがけで訪れる方もおられると思います。

 

私は、日帰りでやってきました。

 

人気の吊り橋なので、混雑を避けるため朝の5時に出発しました。

現地には8時頃到着しました。

 

途中、道がとても狭くて、車1台がやっと通れるような道がたくさんありました。

 

やはり、8時という事で、さすがに人は少ないですが、それでも何組かは訪れてました。

 

f:id:katsuhiro5656:20210221235011j:image

 

夢の吊り橋までは、車は途中までしか行けないので、途中から歩きになります。

 

駐車場から、だいたい往復で120分コースになります。

 

これは、理由があって、人が多い場合は吊り橋が一方通行になります。

よって、吊り橋を渡った後に、吊り橋を戻る事ができず、そこから遠回りして戻る必要があります。

 

ただ、今回は人が少ないシーズンの上に早朝という事もあり、吊り橋を往復する事ができました。

なので、遠回りせずに戻ってくる事ができました。

吊り橋を渡って、再度吊り橋を渡るということです(笑)

私が行った時は、吊り橋はほぼ貸切でした。

 

景色も最高でした。

f:id:katsuhiro5656:20210222002254j:plain

 

f:id:katsuhiro5656:20210221235836j:image

 

f:id:katsuhiro5656:20210222000044j:image

 

水が綺麗で、見応えありました。

 

吊り橋は、なんといってもとても揺れます。

なかなかのスリルがありました。

 

下見ると、足が震えます。

 

橋は、10人が定員なので、人が多いと混雑する事が予想されます。

なかには、渡る事を躊躇される方もおられると思いますので、それを考えると人多い時だと渡るのにそれなり時間が掛かりそうです。

 

今回は、ほぼ貸切だったので、ゆっくり渡る事ができました。

これこそ、早起きは三文の徳ですね。

 

橋でUターンするとだいたいですが、1時間程度で戻ってくる事ができます。

 

戻ってくるとお腹が減ったので、少し早い昼食にしました。 

 

寸又峡は、とろろも有名との事なのでとろろご飯が食べれる紅

 

私は紅竹食堂でトロロご飯を頂きました。

tabelog.com

 

有名人も訪れる人気店との事です。

 

私は、もちろんトロロご飯を注文しました。

お蕎麦とセットになります。

f:id:katsuhiro5656:20210222002155j:plain

めちゃくちゃ美味しかったです。

 

あと、やっぱ静岡といえばお茶です。

 

寸又峡限定のお茶の自動販売機がありました。

思わず、買っちゃいました。

f:id:katsuhiro5656:20210222003559j:plain

 

寸又峡、また訪れたいです。

 

あと、ついでだったので、あのトーマス機関車が走る大井川鐵道が近いとの事なので、

見に行ってきました。

残念ながら、今回はトーマス機関車はお休み中との事だったので、車と一緒に近くの風景の写真を撮りました(笑)

f:id:katsuhiro5656:20210222002855j:plain

 

 

トーマス機関車は、今はお休み中で、柵で中が見えないようになってました。

よーく見ると隙間からトーマスを確認する事が出来ました(笑)

 

下の写真のように走るトーマスを見る事ができるみたいです。

f:id:katsuhiro5656:20210222003055j:plain

 

次は、トーマス見たいですね。

 

帰りは、富士山が一望できる薩埵峠に立ち寄りました。

薩埵峠は、富士山を綺麗に見る事ができるため、とても人気のスポットです。

 

ただ、気を付けないといけないのが、カーナビを信じていくと、細い農道から行くハメになります。

 

しかも一方通行の規制がないため、反対から自動車くる事も多々あります。

正規のルートから行くと問題ありませんが、間違えると大変な事になりますので、行かれる方は注意してください。

 

f:id:katsuhiro5656:20210222004355j:plain

f:id:katsuhiro5656:20210222004601j:plain

 

こちらも、また訪れたいと思います。